ベイパーチャンバー

特長

  • ・ベイパーチャンバーは、従前からのヒートシンクよりも小空間での冷却用途ニーズに応えるために開発された面状の空冷部品です・局所的な入熱に対して、熱を高速で移動、拡散
  • ・面内の温度分布が均一
  • ・薄型化、大型化が可能
  • ・ベイパーチャンバーを発熱する部品で挟み込むことにより、狭い場所でも放熱が可能

使用用途

・ノート型パソコン、スマートフォン、LED照明装置、PCのCPU発熱対策などの小型精密機器の冷却用途・均熱用途

仕様

仕様例
台座形タイプ 平板型タイプ 薄型タイプ
サイズ(mm)

縦横:45~300

厚さ:3~5

縦横:45~300

厚さ:0.3~3

縦横:45~120

厚さ:0.3~1

材質 C1020
作動液 純水

 

200×300 mm 台座形タイプの場合の諸元例(参考値)
外観 熱抵抗 (℃/W) < 0.033
最大熱輸送量 Q-Max (W) 300
動作温度 (℃) 0 ~ 100
リーク限界温度 (℃) 250
試験条件 ・Note PCでの使用を想定。
・環境溫度:通常の室温(20℃前後)
・熱源相対位置:ベイパーチャンバーの中央部
・垂直/水平応用:水平※上記数値は、計算上の参考値であり、保証値ではございません。