表面処理について

メカトロテクノロジー

使用頻度の高い表面処理をご紹介いたします。

 

■亜鉛メッキ(3価クロメート)

一般的に最も使用される表面処理で安価です。エッジ等端部はやや膜厚が厚くなります。
塩水噴霧試験後には、赤さびは発生しませんが、白さびは発生します。
(諸条件による)外観用途の処理ではないため、メッキ斑の許容が必要です。
膜厚が厚くなると、導通性がなくなります。

 

■無電解ニッケルメッキ

膜厚が均一で、深い穴の内部などにもメッキが施されます。
亜鉛メッキと比較すると高価な処理となります。
メッキ自体の硬度が500HV程度であり、摺動性に優れます。
塩水噴霧試験後には、赤さびも白さびも発生しません。(諸条件による)
外観でも使用できます。
膜厚が厚くなっても、導通性があります。

 

■電気ニッケルメッキ

密着性はやや劣ります。エッジ等端部はやや膜厚が厚くなります。
高い光沢感を得ることができます。
塩水噴霧試験後には、赤さびも白さびも発生しません。(諸条件による)
外観でも使用できます。
膜厚が厚くなっても、導通性があります。