ヒートパイプ ②伝熱特性

サーマルテクノロジー

■各姿勢による熱伝導

・ヒートパイプの1/4をヒーターで加熱。
・ヒートパイプはボトムヒート・水平ヒート・トップヒートの3姿勢。
・ヒーター温度・受熱部温度・凝縮部温度から伝熱特性を確認する。

  試験条件:アルミヒートパイプ W40×L480×t2.0
       ヒーター温度 60℃
       ヒーター出力 20W

ボトムヒートによる熱伝導

     ボトムヒート 180sec時
     HP凝縮部温度:51.4℃
     ヒーター温度:58.2℃
     熱抵抗R =(58.2-51.4)/20
         = 0.34(℃/W)

 

水平姿勢の熱伝導

     水平ヒート 180sec時
     HP凝縮部温度:35.0℃
     ヒーター温度:60.7℃
     熱抵抗R=(60.7-35.0)/20
          =1.28 (℃/W)

 

トップヒートによる熱伝導
     トップヒート 180sec時
     HP凝縮部温度:25.4℃
     ヒーター温度:59.4℃
     熱抵抗R=(59.4-25.4)/20
          =1.7 (℃/W)

ボトムヒートでは熱抵抗が0.34℃/Wと低く、良好な均熱性・熱移動が行われていますが、トップヒートでは1.7℃/Wと高く、凝縮側の温度が上昇していないため、ヒートパイプの特徴である高速での熱移動・均熱が上手く行われていません。 使用する際には取付姿勢が重要となります。

関連ページはこちら > アルミヒートパイプ 銅ヒートパイプ