スイッチングマグ新商品続々登場!!

新商品ラインナップのご紹介

AGVと台車の連結・切り離しが自動!
連結ポール式の台車牽引に最適

AGV自動着脱装置

AGV自動着脱装置

詳細を見る

無人化・省人化に貢献!
重量物輸送でも簡単切り離し

ドローン切り離し装置

ドローン切り離し装置

詳細を見る

瞬間通電でON/OFF切り替え!
無通電で吸着し続ける磁気式
アタッチメントデバイス

スイッチングマグホルダー®

吸着判別センサ付き
スイッチングマグホルダー®

詳細を見る

重量ワークの搬送を快適に!
協働ロボット用永電磁デバイス

協働ロボット用エンドエフェクタ

協働ロボット用エンドエフェクタ

詳細を見る

薄板鋼板でも脱着可能!
小型バッテリーで長時間稼働を実現

鋼板吊下げ装置

鋼板吊下げ装置

詳細を見る

AGV自動着脱装置

■製品概要

AGV(無人搬送車)と台車の連結(脱着)を容易にできる自動連結器です。
AGVと台車の連結・切り離しが自動でできるため、物流倉庫や製造工場で省人化を実現できます。
また、1秒間の通電で脱着のON/OFFが可能なため、非常に省電力なのも魅力です。

■仕様・寸法図

AGV自動着脱装置

牽引能力 約3500N
電源電圧 24V
電流 1A
最短通電時間 1秒

AGV自動着脱装置 寸法図

■特徴

特徴1 省電力性能

スイッチングマグホルダーは、吸着及び吸着解除時のみ通電する、超省電力電磁デバイスです。
AGV連結装置は、スイッチングマグホルダーの吸着力をフックの牽引力に変換し、着脱に利用しているので、同様に省電力仕様です。
AGV電源(DC24V)で稼働し、消費電力が小さいため、バッテリーに大きな負荷を与えません。

特徴2 強力な牽引力

スイッチングマグホルダーの吸着力を大きく超える牽引力を発揮できます。(当該モデルで4~5倍)

特徴3 確実な自動脱着

構造がシンプルで、連結/切り離しミスがなく、メンテナンス性にも優れています。

特徴4 ポール連結方式ならではのメリット

ポール連結方式であるため、AGVと台車の間に段差、傾きなどあっても吸収することができます。

特徴5 連結治具としての標準製品提供

AGVメーカー各社の誘導方式に依存しないシンプルな構造のため、幅広いメーカーのAGVに標準接続できます。(特定メーカーの誘導方式と連動する機能は持っていません)

■基本的な動作

牽引する台車にポールを装着することを前提とした動作です。

連結について

  1. 1AGVがバックで台車に近づく。(磁気誘導や視覚認識などAGV側の機能)
  2. 2連結装置のスライダーを台車のポールが押し込むとフックが閉まり、ロックします。
  3. 3連結が完了し、AGVは牽引スタートできます。

切り離しについて

  1. 1AGVが停止位置で停止します。
  2. 2フックのロックを解除します。
  3. 3AGVと台車の連結が解かれた状態になり、AGVは単独で戻ります。

AGV自動連携機 活用イメージ

ドローン切り離し装置

■製品概要

ドローンでの重量物輸送において、軽量かつ超省電力で確実な切り離しができる 切り離し装置です。 瞬間通電でON/OFFの切り替えが可能で、無通電で吊下げを維持できるので、超 省電力です。 林業、山間部での工事、高圧線工事、離島や過疎地などへの日用品定期配送や災 害時の救援物資の運搬など、重量物輸送における活用を想定しています。

■仕様・寸法図

ドローン切り離し装置

電圧 24V
電流 約0.6A
消費電力 14.4W
通電時間 TBD(1s以内)
使用温度範囲 ~40℃
牽引力 約600N(実績値)
質量 約380g

ドローン切り離し装置 寸法図

■特徴

特徴1 無人化・省人化

荷物切り離し時の無人化・省人化を実現できます。

特徴2 省電力性能

スイッチングマグホルダーは、吸着及び吸着解除時のみ通電する超省電力電磁デバイスです。
AGV電源(DC24V)で稼働し、消費電力が小さいため、バッテリーに大きな負荷を与えません。

特徴3 強力な牽引力

スイッチングマグホルダーの吸着力を大きく超える牽引力を発揮できます。(当該モデルで4~5倍)

特徴4 確実な自動脱着

確実かつ迅速に荷物の切り離しが可能(無人のタッチ&ゴー運用も可能)です。
負荷が掛かった状態でも確実に切り離すことが可能(落下も可能)です。

特徴5 堅牢制

小型かつシンプルな構造で耐久性に優れています。

吸着判別センサ付きスイッチングマグホルダー®

■製品概要

瞬間通電でON/OFFを切り替えることができる、非常に省電力なホルダーです。
吸着状態でも電力を消費しないので、省エネで発熱もなく、操作も簡単なため、誰にでも扱えるのが魅力です。
「吸着判別センサ」により、所定の吸着力が出ていない場合、ロック状態が不十分であると判別。
吸着力2500Nタイプには、製品本体と吸着板の近接状態を検知することによって、扉などの開閉状態を判別する「近接センサ」も付いています。

■仕様・寸法図

吸着判別センサ付きスイッチングマグホルダー®

タイプ 吸着力
800N
タイプ
吸着力
2500N
タイプ
電圧 24V 24V
電流 約0.9A 約2.5A
通電時間 0.2~1s TBD
使用温度範囲 ~40℃ TBD
吸着力
(実績値)
約800N 約2500N
質量 約550g 約3000g
(本体1870g/
吸着版950g)

吸着判別センサ付きスイッチングマグホルダー® 寸法図

吸着判別センサ付きスイッチングマグホルダー® 寸法図

■特徴

特徴1 省電力性能

電力使用量の大幅削減を達成しました(圧倒的省電力)。
消費電力が小さいため、バッテリー駆動にも対応可能です。

特徴2 安全性

無通電で吸着を維持し続けるため、停電時でも安全が確保できます。
常時はホルダーに吸着力がないため、取り扱い易く安全です。

特徴3 取扱い容易性

瞬間通電でON/OFFを切り替えられ、操作が簡単です。
ワークの残留磁気が非常に小さくなっています(当社比)。

特徴4 吸着判別センサ/近接センサ

吸着判別センサ…所定の吸着力が出ていない場合、ロック状態が不十分であると判別します。
近接センサ(※)…製品本体と吸着板の近接検知によって、扉などの開閉を判別できます。
※吸着力2500Nタイプのみ対応

■想定用途

門扉、ビルの出入り口の扉などのセキュリティロック
窓施錠のセキュリティロック
防火戸の自動閉鎖装置

協働ロボット用エンドエフェクタ

■製品概要

瞬間通電でON/OFFを切り替えることができる、非常に省電力なホルダーです。
軽量ながら強力な保持力を発揮し、可搬重量約25kgまでの協働ロボットに対応できます。
無通電で吸着を維持し続けるので、停電時でも落下の危険性がありません。
常時はホルダーに吸着力がないため、取り扱い易く安全です。

■仕様・寸法図

協働ロボット用エンドエフェクタ

タイプ SH-50B SH-30B SH-20B
吸着力(N) 800 200 80
吸着対象厚さ(mm) 5 3 2
電圧(V) 24 24 24
電流(A) 0.92 0.44 0.60
最短通電時間(s) 0.2 0.1 0.1
質量(g)代表値 677 218 122

■SH-50Bタイプ

協働ロボット用エンドエフェクタ SH-50Bタイプ

■SH-30Bタイプ

協働ロボット用エンドエフェクタ SH-30Bタイプ

■SH-20Bタイプ

協働ロボット用エンドエフェクタ SH-20Bタイプ

■特徴

特徴1 強力な保持力

3kg~25kg程度までの協働ロボットの可搬重量に対応可能です。

特徴2 超軽量

エンドエフェクタを除いた実可搬重量アップに貢献できます。

特徴3 脱エア

エアを使わないので、省電力でCO2が削減できます。
コンプレッサが不要なため、静音環境に貢献できます。

特徴4 薄板対応能力

ホルダーの残留吸着力、ワークの残留磁気ともに小さくなります。
従来製品に比べて、薄板対応能力が大幅に向上しています。

特徴5 安全性

無通電で吸着を維持し続け、停電時でも安全が確保できます。

■想定用途

薄板鋼板の搬送
吸着部分が小さい重量ワークの搬送
把持しにくい形状のもの(小さい、異形)の搬送

鋼板吊下げ装置

■製品概要

スイッチングマグホルダーを複数組み合わせた鋼板吊下げ装置です。
スイッチングマグホルダーの薄板に強く、かつバキュームや電磁・永電磁に比べて保持力が強いという優位性を活かした本製品。
バキュームが得意とする薄板吊下げや電磁・永電磁が得意とする小型重量鋼板吊下げに活用できます。
また、1秒間の通電で脱着のON/OFFが可能なため非常に省電力でご利用いただけます。

■仕様・寸法図

鋼板吊下げ装置

電圧 DC24V
電流 3.4A
消費電力 81.6W
通電時間 1s
使用温度範囲 TBD
吸着力 5500N(測定値)
質量 6~7kg

鋼板吊下げ装置 寸法図

■活用イメージと従来製品との違い

活用イメージ1 薄板吊下げー一般的なバキューム方式との違いー

真空ポンプが不要なため低コスト化が可能です。
エア配管が不要です。
省電力性能が高く、小型バッテリーで長時間稼働を実現します。
瞬間で着脱可能なので、作業スピードが向上します。
吸着力が残りづらく、搬送物を容易に外すことが可能です。
騒音が大幅に軽減できます。
電源が落ちても、落下の危険性がありません。

活用イメージ2 小型重量鋼板吊下げー一般的な永電磁リフマ方式との違いー

圧倒的な省電力を実現します。
サイズ比で大きな保持力があります。
吊下げ保持力を監視することが可能です。(吸着力が閾値以下の場合、エラー信号を創出)
配線の取り廻しが不要なため、扱いやすいです。
省電力性能が高く、小型バッテリーで長時間稼働を実現します。
無線運用が可能です。
高価な整流器が不要なため、コスト低減が可能です。

関連商品のご案内

従来のマグネットホルダーが抱える問題点を全てカバーする、今までにない商品を作りたいという想いから誕生した「スイッチングマグホルダー」。
製品概要やデモ動画もご紹介しておりますので、是非、併せてご覧ください。

スイッチングマグホルダー